スパーズ 対 ウォリアーズ。 マヌジノビリがチームを牽引、スパーズが第4戦に勝利しウォリアーズに一矢を報いる

2006

😋 がに移籍。 この時点で、1,000勝以上しているのは、 1,335 、 1,332 、 1,221 、 1,210 、 1,155 、 1,131 、 1,098 、 1,042 、ポポビッチの9人だけである。

4

ウォリアーズがスパーズをスイープしファイナルへ、今POは無傷の12連勝 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News

😎 チーム全体では39アシスト、50フィールドゴール、そしてスパーズより10本多い合計18本の3ポイントを成功させている。 地味ではあるが、の加入も効果が現れ、7割以上の勝率でプレーオフに進出した。

9

ウォリアーズプレイオフ10連勝! スパーズ戦ゲーム2に勝利!

📲 また、前シーズンが通常の82試合を戦い抜いた上での優勝ではないため「本物の優勝ではない」という声が周囲からあがっており、連覇の期待が掛かったが、ダンカンがレギュラーシーズン終盤で負った怪我が回復せず、プレーオフ全休という緊急事態に陥ったチャンピオンチーム、スパーズは、1回戦でと対決。

NBA=スパーズがウォリアーズに勝利、デローザン26得点

😘 ラウンド敗退 第 7シード 4,スパーズ 1 グレッグ・ポポヴィッチ 48 34. ラウンド敗退 2, スパーズ 0 1977-78 52 30. 2 851 2548 3399 1717 543 467 1126 1714 2006-07 82 58 24 8079 2999 6328 47. :1987-1989• ラウンド敗退 4, ダラス 3 クリフ・ヘイガン 1969-70 45 39. 3ポイントラインから離れた位置でスクリーナーが来るのを待ち、ピックした瞬間に、バスケットに向かってペネトレイトし、カバーディフェンスをペイントエリアへ集め、ボールを3ポイントライン近辺にいるにキックアウトし、3ポイントショットを放つ。

NBAプレイオフ 西カンファレンス決勝プレビュー:ウォリアーズ対スパーズ

🤭 12月14日のの勝利で、ポポビッチヘッドコーチの通算勝利数が1043勝となり、リック・アデルマンの記録を抜き、 歴代8位となった。 相手によって、マンツーマン(ガード、フォワード)とゾーン(センター)を併用したディフェンス体系を用いることも多い。 : 2009• は、第5戦でレブロン・ジェームスが48得点(オーバータイムではチームの全得点)をあげるというプレーオフ史上に残る活躍を見せるなど奮闘。

13

ウォリアーズがスパーズをスイープしファイナルへ、今POは無傷の12連勝 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News

🤙 第5戦終盤で、レナードが足首捻挫でベンチに下がる中で 、試合はオーバータイムまで縺れ、ロケッツの最終プレーで、ジノビリがハーデンの3ポイントをブロックし逃げ切り 、シリーズに王手をかけた。

9

サンアントニオ・スパーズ

🤚 ポポビッチ 1,000勝 [ ] このシーズンのロデオ・ロード・トリップの2戦目の戦を4クオータで14点差から逆転勝利し、のレギュラーシーズン 通算1,000勝利目を飾った。

4